腰の解剖を図で解説!腰椎ってどんな骨?筋肉は?にお答えします!

腰は頭や手をなど上半身と、骨盤や脚など下半身をつなぐ要所です。生まれてから死ぬまでに80%の人が腰痛を経験するというデータがあります。それほど腰には負担がかかりやすいのです。

そんな腰の解剖学を一緒にみていきましょう。

 

人の腰の骨

腰の骨のことを腰椎(ようつい)と呼びます。

腰椎は脊椎(せきつい)と呼ばれる、いわゆる背骨の一部です。

成人の背骨は上から7個の頚椎(けいつい)、12個の胸椎(きょうつい)、5個の腰椎があります。子どもは腰椎の下に仙椎(せんつい)があり、大人になるとくっついて仙骨(せんこつ)になります。

腰椎は椎体(ついたい)と呼ばれる主要となる部分に、横突起や上・下関節突起が角のように飛び出しています。

細かい解剖は医療従事者でなければ覚えなくてもいいので、ある程度の形だけでも覚えてください。

 

そして上と下の椎体の間にヘルニアで有名な椎間板(ついかんばん)があります。

下の図の丸に囲まれた数字は胸椎、腰椎の何番目かを表しています。

【腰椎を正面から見た画像】

【腰椎を右から見た画像】

【腰椎を後ろから見た画像】

 

スポンサードリンク

人の腰椎の筋肉

腰椎は体幹(たいかん)と呼ばれるお腹周りの筋肉によって支えられています。体幹の筋肉を考えるときには前方・側方・側方から後方、後方の4つに分けると理解しやすいです。

体幹の前方の筋肉

体幹の前方には腹直筋(ふくちょくきん)という筋肉があります。腹直筋はいわゆる腹筋のこと。「目指せシックス・パック!」ってやつですね。

【体幹前方の筋肉】

腹直筋はアウターマッスルといって、外側にある筋肉です。

体幹側方の筋肉

体幹の側方には腹斜筋という筋肉があります。

腹斜筋には外腹斜筋(がいふくしゃきん)内腹斜筋(ないふくしゃきん)があり、外腹斜筋の方が表層にあります。

【体幹側部の筋肉】
表層には外腹斜筋があります。

外腹斜筋をめくると内腹斜筋が現れます。

体幹の側方から後方の筋肉

側方から後方の深部には腹横筋(ふくおうきん)があります。(※図は先ほどの前方の筋肉の図を参照)

腹横筋は腹部のインナーマッスルとして近年注目を集めています。インナーマッスルは姿勢保持やダイエットに効果があるといわれています。

体幹の後方の筋肉

体幹の後方はいわゆる背筋と呼ばれる筋肉ですね。背筋はひとつの筋肉ではなくいくつもの筋肉の総称です。大きく分けると背骨に沿って縦長に伸びる筋肉と、背骨に付いている短い筋肉の2種類があります。

【体幹後方の筋肉】
こちらは一番表層です。

表層では僧帽筋(そうぼうきん)広背筋(こうはいきん)などに覆われています。

僧帽筋と広背筋を取り除いてみましょう。

背骨の両側に下後鋸筋(かこうきょきん)胸最長筋(きょうさいちょうきん)腰腸肋筋(ようちょうろくきん)が現れます。ちなみに下後鋸筋の『鋸』という字はノコギリの漢字ですね。

さらに深層にいきます。

ここでは胸腸肋筋(きょうちょうろくきん)胸棘筋(きょうきょくきん)多裂筋(たれつきん)が見えています。

最深層です。

ここまでいくと先ほどお話したように、背骨に付いている棘間筋(きょくかんきん)横突間筋(おうとつかんきん)が姿を現します。

背骨周囲の短い筋肉は大きな力はありませんが、姿勢保持には大変重要な役割を果たします。「山椒は小粒でもぴりりと辛い」って感じですね。